新着エントリー

【犬の緑内障】柴犬 一五(いちご)が緑内障を発症した時の話(6)

Pocket

可哀そうなことに、右目は緑内障により失明してしまっていました。もう痛むだけの目なら早く楽にしてあげたいと、その日に眼球摘出、義眼挿入の手術をお願いすることに。翌日病院から術後の写真なども送って頂きました。
今回はシリーズ(6)となります。続きをご覧ください。

>>前回のブログはこちら → 緑内障を発症した時の話(5)

>>最初から読む → 緑内障を発症した時の話(1)

入院中の一五の様子

手術は一泊お預けするという事で、病院を後にしました。手術をして頂く時間などは病院の都合にお任せとなります。人間のように手術中、オペ室の前で待つような事はしないんですね。その日の様子はメールで写真を添付して送ってもらえるそうです。
夜は心配ではあったものの、預け先は病院です。内臓の手術ではないので急変という事もないでしょう。
さて、次の日の朝、病院からメールです。

いちごちゃんの様子をお送りいたします。
昨日は術後に柔らかいペースト状のご飯を食べてくれました。
まだ痛みがあるようで、お外はなかなか歩いてくれません。
鎮痛処置を行っていきたいと思います。

▲病院から送って頂いた、手術の翌朝の写真(1)


▲病院から送って頂いた、手術の翌朝の写真(2)


▲<やや閲覧注意>病院から送って頂いた、手術の翌朝の写真(3):クリックで見れます

一五はエリザベスカーラーと目の周りが少し腫れていて痛々しい姿ではありますが、元気はあるようです。
でもいつもと勝手が違う事で機嫌はすごく悪そうです。それでも噛んだり吠えたりはしない子なので、そういうご迷惑はかけていないみたいですが、、、。
夕方になり、お迎えです。

一五、がんばったね


▲<やや閲覧注意>お迎え後の写真:クリックで見れます

病院へ到着。一通り手続きを終え、ご対面です。
一五はやはり、すごーくご機嫌ナナメでした。B先生の話では、手術後、一五は全く動こうとせず施設内のドッグランでも全く歩かないし、ちゅ~るは食べたけど、ご飯は食べず、病院のスタッフさんから離れなかったらしいです。痛みがあるからか、痛みに弱いのか、、でも鎮痛処置はしてるはずなのに、、と。柴犬でこんな子はめったにいないと、変なお墨付きをもらってしまいました。

いや先生、私には分かります。一五はただただエリカラがイヤでイヤで、手術で精神的なダメージを受けてしまって、それが原因で動けなくなっていたんですよ。何か気になることがあると、上手く対応出来ずに固まってしまう子なんです。
でももう家に帰るからね、大丈夫だよ一五。

一五の恨み節


▲この後すぐ部屋に連れて行きました

帰りの車の中からそれは始まりました。一五は終始「クーン、クーン」と泣いています。エリカラで体の自由が利かず、少し動くとエリカラの縁がどこかにぶつかって、イライラするのでしょう。加えて病院や手術での怖かった思い、手術後の痛み、不調、右目の縫合、「ウン」が出ない事での違和感、こんなとこでしょうか。とにかく何もかもがイヤで、家についてもず~っと泣いています。
可哀そうだけど、少しの間我慢してもらうしかありません。
あとはもう、傷口が回復すれば楽になるから!

 

さて、イチゴの緑内障、発症~手術まではひとまずここで終わりです。
次回からは、手術後の傷口の様子や経過などを、写真を交えてお伝えしていきたいと思います。

続き↓
>>一五の緑内障の手術後~抜糸の様子(1)

>>手術の内容について(準備中)
>>柴犬の緑内障の手術の料金や費用について

 

>>ファイザー製キサラタン
自分で買えば1/4の値段。これなら続けられる!

↑ キサラタンは販売終了してしまい、↓ ドルゾックスに変更しました
そのことを獣医さんに相談した時の記事はこちら

>>ドルゾックスT点眼液(ドルゾラミド・チモロール)
眼圧を下げるのに効果的な目薬

緑内障についての参考文献・引用記事

緑内障とは?

緑内障とは、眼圧(眼内液の圧力)上昇とそれによる視神経障害を特徴とする病気です。
※眼内液とは房水とも言われ、房水の役割は角膜・水晶体に栄養供給することと、眼内の圧力を維持することです。眼の正常な形を維持するために必要不可欠です。
※犬の正常眼圧は大体15~20mmHgの範囲内です。

一度緑内障によって視神経が障害されて失明に至った眼では、視覚を回復することはできないため、緑内障の診察では早期発見・早期治療が必要不可欠です。

出典:りほの動物病院「病気・症例報告:緑内障」

緑内障にかかりやすい柴犬

緑内障は眼球内の圧力(眼圧)が上昇して視覚障害をもたらす疾患で、犬種依存性の高い眼科疾患のひとつです。
罹患率の高い犬種として、シバイヌ、シーズー、アメリカンコッカースパニエル、ミニチュアダックス、ビーグルなどが知られていますが、中でもシバイヌが症例数第1位、シーズーが第2位で、合わせて全犬種の約半数に相当します。
また、眼科疾患で来院するシバイヌの43%は緑内障に罹患しているとの報告もあります。※1

出典:日本獣医師会雑誌 2015 68(1) P55-58:印牧信行、麻布大学眼科に来院した緑内障症例の随伴症の分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です