【犬の緑内障】発症から5か月。10回目の検診。

右目はすでに緑内障を発症して失明、義眼の一五。 その約1ヵ月後に、今度は左目に緑 ...

【猫の赤ちゃんと犬対策】押入れハウス、1階にお引っ越ししました。

我が家の猫、ちゃこ。 赤ちゃんが生まれて1ヵ月とちょい。 赤ちゃんはだんだんと活 ...

子猫わちゃわちゃ。生後1ヵ月がたちました。

子猫の成長は早いですね。 生後1ヵ月で、けっこうしっかり歩けるようになってきまし ...

【犬の緑内障】発症から4.5か月。9回目の検診。

  右目はすでに緑内障を発症して失明、義眼の一五。 その約1ヵ月後に、 ...

柴犬の燐五(りんご)縄ぬけの術!

9月14日(金) 地獄のような暑さがようやく和らぎ、過ごしやすくなってきました。 ...

【柴犬 一五(いちご)と燐五(りんご)】です

Pocket


柴犬好きのみなさん、こんにちは
このページに来て下さったみなさんは、一五と燐五の動画も見て下さっているのでしょうか
簡単にうちの柴犬たちを紹介させて頂きます

2011年11月に生まれた母犬の一五(いちご)。
2013年に一五が赤ちゃんを一匹出産しました。
赤ちゃんには燐五(りんご)と名付け、記録として写真や動画で記録を残していたところ、こんな動画が撮れました

はい。コチラの動画、たくさんの方に見て頂いて、再生回数なんと800万回!(2018年4月現在)
ありがたい事です。
その後赤ちゃんはすくすくと育ち、こんな感じ。


ムチムチは変わらず、タヌキ顔の可愛らしい元気な柴犬になりました。

動物を飼うという事


動物を飼うという事には責任があります。
まず大前提には尊い命として尊重し、自覚をもって飼育する事。毎日のご飯やトイレの世話はモチロン、愛情をもって接することで動物はその何倍もの愛情を返してくれます。
もし大事なペットが病気になった時、どうしますか?
ペットはしゃべれません。何かあった時にどうしてあげるべきか、その子にとって最善の方法をとってあげる、それが飼い主としての責任だと思っています。

柴犬の緑内障


このブログにいらっしゃった方は、きっと緑内障の柴犬ちゃんを飼っていらっしゃる方も多いかと思います。タイトルの母犬、柴犬一五の緑内障の事をメインに、ご覧の方のお役にたてるような柴犬情報をお伝えしていきたいと思っています。

随時更新していますので、ぜひ遊びに来てくださいね

>>一五(いちご)が緑内障を発症した話(1)

管理人:いちりんマム

2018/05/22