新着エントリー

【犬の緑内障】義眼の手術後、義眼のケアや色の変化などについて

Pocket


7歳になった初春のある日、突然右目に緑内障を発症した我が家の柴犬の一五(いちご)。緑内障になると眼圧が上がり、失明。そして激しい頭痛がワンコをおそいます。
緑内障には対処療法しか方法がないのですが、その一つとして、【眼球摘出、義眼挿入】というものがあります。うちの柴犬はその手術を受けさせることにしました。
今回は手術後の義眼の色の変化や様子、義眼のケアの方法、そして剃毛のあと、毛が生えそろうまでの期間などをまとめてみました。

◆うちの柴犬が緑内障発症した時の事は↓こちら↓
>>緑内障を発症した時の話(1)全6話

◆うちの柴犬の緑内障手術の後の経過は↓こちら↓
>>眼球摘出、義眼挿入手術の経過~抜糸の様子(1)全4話

◆関連記事
>>【犬の緑内障】手術の費用や料金と支払い方法について

義眼の色の変化について

今回の義眼の手術は、眼球の強膜という外側の膜を残し、眼球を取り除いたあと、その中にシリコンボールを入れるというものです。手術後すぐは、まばたきの運動をおさえるためにまぶたを縫い付けてありましたが、4週間ほどで少し眼球が見えるようになってきました。

>>手術の内容ついて(準備中)

手術後4週間くらいの様子

まだ縫合の糸が下まぶたに残っています。この頃の義眼の色はグレーでした。無機質で、いかにも人工物って感じ。ネットで見れる義眼のワンコの画像を見ると、もう少し黒っぽくて違和感のないものに見えていたけど、本当はグレーだったのかな?そう思ってました。

>>ファイザー製キサラタン
自分で買えば1/4の値段。これなら続けられる!

↑ キサラタンは販売終了してしまい、↓ ドルゾックスに変更しました
そのことを獣医さんに相談した時の記事はこちら

>>ドルゾックスT点眼液(ドルゾラミド・チモロール)
眼圧を下げるのに効果的な目薬
今なら簡単会員登録で
【200円分のポイントプレゼント】
※お買い物時の支払い方法:銀行振込

↓お買い物割引クーポンコード↓
【RUPAWCG8】
<利用条件>
■2019年9月1日(日)~2020年2月29日(土)まで有効です。
■ご利用にはうさパラへの会員登録が必要です。
■クーポンのご利用はお一人様につき1回限りとなります。
■複数の対象商品を1度にご注文された場合は、
 ご注文の対象商品全てに10%割引が適用されます。
■他のクーポンコードとの併用はできません。
■特価および同梱発送限定商品はクーポン対象外です。

義眼の色って変化していくんです


一五の義眼はグレー。ネットで見るワンコの義眼の写真はもっと自然な感じだったけど、写りや光の当たり具合の違いでそう見えてるだけかな?と思ってましたが、そうではありませんでした。この眼球の色は少しずつ変化して、違和感のない色へと変化していくモノだったんです。

手術後、約1ヵ月後


この時期の眼球の色はグレーです。眼球表面は潤いがないような、おもちゃのスーパーボールみたいな質感です。手術で剃られた毛はかなり生えそろっていますが、まだ根元の黒いところが見えていて片眉みたいになっています。病院の先生によると、一五の毛が生えそろうペースはかなり早い方らしいです。

 

フィラリア予防薬は個人輸入で買えばとってもおトク
カルドメック/ハートガードプラス
(柴犬サイズ用/〜11kg)

一回当たり約437円~ / レビュー500超
日本で販売の『カルドメック チュアブルP』と成分、メーカー、使用方法もすべて同じ
Merial(メリアル)社製


今なら簡単会員登録で
【200円分のポイントプレゼント】
※お買い物時の支払い方法:銀行振込

↓お買い物割引クーポンコード↓
【RUPAWCG8】
<利用条件>
■2019年9月1日(日)~2020年2月29日(土)まで有効です。
■ご利用にはうさパラへの会員登録が必要です。
■クーポンのご利用はお一人様につき1回限りとなります。
■複数の対象商品を1度にご注文された場合は、
 ご注文の対象商品全てに10%割引が適用されます。
■他のクーポンコードとの併用はできません。
■特価および同梱発送限定商品はクーポン対象外です。

手術後、約45日後(約1.5ヵ月後)


この日突然だったのですが、眼球が赤黒っぽく変化していました。シリコンボールと外側の膜の間に出血しているように見えました。でも痛みや違和感はなさそうです。目ヤニが出ていたので拭いてやると、赤い色の目ヤニが少し出ていました。心配だったので手術をして下さった病院にメールで相談してみました。

お答えはお電話いただいたのですが、問題ないです、との事でした。義眼の手術後は、眼球代わりのシリコンボールの外側に血管が伸びてきて赤黒くなり、またグレーになったりというのを繰り返して自然な色になっていくようです。ネットでも調べてみると、同じようなことを書いてありました。そういうことならと安心しました。

手術後、約2か月後

相変わらず深い赤色とグレーと、日によって違っています。ただ、この頃からは、全体グレーで一部分だけ赤黒かったり、次の日はそれが少し広がってきたり、毎日少しづつ変化しているような感じです。これはシリコンボールが眼球になじんでいってる過程なんだと思います。

この動画でも、一部だけ色が違っている様子が見ていただけると思います。

現在(手術後、約3ヵ月後)

この頃になると、基本的には赤黒い、深い赤色で、自然な色の日が多くなってきました。一五が横を見れば眼球も一緒に動いて端の方には白目もあります。これ、片方だったら少し違和感あるけど、両目義眼だったらきっと分からない、それくらい自然です。よく見ると瞳孔がないので義眼だとは分かるのですが、これは犬を飼っていない人には犬にも瞳孔があるってことを知らないでしょうから、こんなもんだと思うでしょう。そして、犬を飼っている人は義眼だという事を話せば事情を分かって下さるでしょう。

犬とはいえ、好奇や差別の目で見られるのは心苦しいですから、、そういう事って意外と大事だったりしますよね。

義眼手術の術後のケアは?

一五の場合は、義眼にした右目は特に目薬などのケアをしていません。(左目は緑内障を発症後、温存で点眼中です。)ネットで情報交換して下さる方の中には、手術で涙が出なくなっためにドライアイになり、ヒアルロン酸などの点眼をしている、などという方もいらっしゃるようです。

一五は手術後はむしろ涙がよく出ていて、この記事の45日後ごろの写真にも目の下に涙の跡が写っています。3か月後の今は涙の量は少し減ってきたものの、ちゃんと涙は出ていますので、ドライアイの心配は無さそうです。病院からもドライアイの事は何も聞きませんでした。

この違いは手術をして下さった先生の手術の方法によるものでしょうか。何か情報をお持ちの方はお知らせください。

 

義眼の手術後、まとめ


犬の義眼手術、視線に合わせて眼球も動くし、もっと端っこには白目も見えるし、色合いもかなり自然です。なにより、痛みやその後のケアがなくなったことは私にとっても、当の一五にとっても大きなメリットでした。決断するとき迷いはありましたが、今では手術を受けさせてよかった、そう思っています。

緑内障で失明後も、眼圧コントロールで眼球を温存されている方も多くいると聞きます。ワンコが手術を受けられる状態ならば、思い切って義眼手術を受けられるのも一つの方法かと思います。どうせ治らないものならば、飼い主さんもワンコも負担が少ない方がいいですよね。

この記事がそのキッカケとなれば幸いです。

 

◆関連記事
>>【犬の緑内障】手術の費用や料金と支払い方法について

◆うちの柴犬が緑内障発症した時の事は↓こちら↓
>>緑内障を発症した時の話(1)全6話

◆うちの柴犬の緑内障手術の後の経過は↓こちら↓
>>眼球摘出、義眼挿入手術の経過~抜糸の様子(1)全4話

緑内障についての参考文献・引用記事

緑内障とは?

緑内障とは、眼圧(眼内液の圧力)上昇とそれによる視神経障害を特徴とする病気です。
※眼内液とは房水とも言われ、房水の役割は角膜・水晶体に栄養供給することと、眼内の圧力を維持することです。眼の正常な形を維持するために必要不可欠です。
※犬の正常眼圧は大体15~20mmHgの範囲内です。

一度緑内障によって視神経が障害されて失明に至った眼では、視覚を回復することはできないため、緑内障の診察では早期発見・早期治療が必要不可欠です。

出典:りほの動物病院「病気・症例報告:緑内障」

緑内障にかかりやすい柴犬

緑内障は眼球内の圧力(眼圧)が上昇して視覚障害をもたらす疾患で、犬種依存性の高い眼科疾患のひとつです。
罹患率の高い犬種として、シバイヌ、シーズー、アメリカンコッカースパニエル、ミニチュアダックス、ビーグルなどが知られていますが、中でもシバイヌが症例数第1位、シーズーが第2位で、合わせて全犬種の約半数に相当します。
また、眼科疾患で来院するシバイヌの43%は緑内障に罹患しているとの報告もあります。※1

出典:日本獣医師会雑誌 2015 68(1) P55-58:印牧信行、麻布大学眼科に来院した緑内障症例の随伴症の分類

4 件のコメント

  • はじめまして。

    うちのこたろうも12月3日緑内障と診断され、目薬で眼圧コントロールしてましたが限界が来ているようで1月10日シリコンボールインプラントの手術を受けることになりました。

    術後どれ位で自然な色になるんでしょうか?

    手術の時間はどれ位かかるんでしょうか?

    • こたろうママさん、コメントありがとうございます。
      手術の決断をされたとのこと、心中お察しします。

      義眼が自然な色になったのは、一五の場合1ヵ月後からだんだんと、色が落ち着くのは2ヵ月後くらいだったと思います。

      手術の時間ですが、一泊入院中にやっていただいて、手術中に病院で待つという方法ではなかったので分かりません。
      診察当日に緊急でやっていただけたくらいなので、スタッフの方たちの残業も考慮するとトータル30分~1時間くらいなのかなと想像しています。
      病院によっても違うと思いますので、担当の獣医さんにご確認されてみてくださいね。

      こたろうくん、応援しています。一緒にがんばりましょう。

  • はじめまして。Twitterで眼球摘出したわんちゃんについて情報を求めた所、こちらのブログを紹介されました。
    うちのわんこは白内障と水晶体脱臼という症状で眼球が飛び出しており涙が出せない為、3時間置きに目薬をさしています。手術をした方がいいとわかっているのですが、術後にどの様な過程で回復するのか?等、沢山の疑問があり迷っています。手術のデメリットやその後体調不良などはないのでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      わんちゃんの白内障、お見舞い申し上げます。

      まずはワンちゃんの体が手術(主に麻酔)に耐えられるかどうかというところになると思いますが、それはクリアしているという前提でお話をさせて頂きますね。

      術後の回復は内臓の手術ではないこともあり、当日、または翌日から食事もお散歩も可能です。
      人間でいう骨折の手術のようなものでしょうか。
      うちの犬はエリカラが気になって歩けませんでしたが(^_^;)
      鎮痛処置はして下さいますが、術後の痛みはある程度はあるようです。

      その後の体調不良などは今も特に感じたことはないです。
      手術のデメリットもそんなに思い浮かばないのですが、見た目に少し異変がある事、手術代がかかる(点眼コントロールでも治療代はかかりますね)事くらいでしょうか。
      私の場合は手術を受けさせてよかったと思っています。

      もうご覧になったかもしれませんが、術後の回復の様子は↓こちらでまとめています。
      http://ichirin.red/551/
      ヤミーさんのワンちゃんが義眼なしの摘出だけでも回復の日数など同じくらいかと思います。

      病気の情報ですが、インスタグラムの方が集めやすいかなという印象があります。
      「#眼球摘出」「#白内障わんこ」や「#緑内障わんこ」などで検索すると闘病中のわんこの飼い主さんを見つけて交流していただけますよ。
      (すでにお試しの場合はご容赦ください。)

      手術を受けさせる前の不安なお気持ち、とてもよく分かります。
      だけど、状況がよくなることを考えての手術なので、きっと手術を受けさせて良かったと思っていただけるんじゃないでしょうか。
      内臓の手術じゃないので、麻酔以外の負担やリスクは本当に少ないです。

      参考になればうれしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です