新着エントリー

闘病ブログが探せない!google以外の検索エンジンを使おう

Pocket

こんにちは
突然ですが、みなさんは情報をインターネットで探すとき、まずは何をしますか?

PC?スマホ?
iPhoneだと「Safari」アプリ、アンドロイドだとホーム画面の「検索窓」を使うというのが多いでしょうか。

じつはそれ、何も設定をしていない状態だとどちらも「google」という検索システムを使っているんです。

bing検索を使ってみよう

詳しくは記事の後半でご説明していますが、早く知りたいというせっかちさんは↓こちら↓。
こちらはwindowsのマイクロソフトが提供する「bing」という検索システムです。


https://www.bing.com/

世界最大規模のgoogle

多くの方が何気なく使っているグーグルという検索システムは世界最大級のサイトで、その信頼性を維持するために時々検索システムのアップデートというのが行われているのをご存知でしょうか。

ページ内の情報に信ぴょう性がないのに検索で上位に挙がってくるサイトを選別して圏外にして、逆に評価するべきページの順位を上げるという検索システムの見直しです。

特に大きく順位に影響があるのは健康系、金融系などの生活や命に大きくかかわる事を扱うページです。
健康系だと、素人が書いた不確実な情報は圏外へ飛ばされ、医師監修の記事や病院の公式サイトが上位に表示されるようになりました。

欲しい情報が探せない弊害

このグーグルアップデート、情報を探す方には一見すると良い事のように思えるのですが、弊害もあり、不満の声も上がっているんです。

例えばみなさんは、体の不調があった時それが何なのか検索することも多いと思います。

グーグルで検索してみるとその病気の情報が出てきますが、それが医師監修の記事ならばある程度信用できるかなという判断が出来ますね。

しかしそれ以上の事、例えば同じ病状で治るまでの過程を記事にしたブログ、闘病ブログを探したとき、ほとんど検索結果に表れないことに気が付くハズです。

私のこの緑内障闘病ブログも、ある時から全く検索結果に表示されなくなってしまいました。
ワンコの緑内障の闘病の情報を欲しい飼い主さんがたくさんいる事も実感していたのに残念な話です。

グーグルさん、信用できる情報だけを扱う事は大事だけど、経験者の声を聞ける貴重なブログまで検索不可にしてしまうのはユーザーにとって不便なことではないんでしょうか?

他の検索エンジンを使ってみよう

まあこんなところで不満を行ったところでグーグルさんに届くわけもないので、個人レベルで工夫をするしかないですね。
ではどこでどうやって探す?
グーグル以外に、こんな検索エンジンで探してみましょう。


https://www.bing.com/

あまり聞いたことないですか?
こちらはwindowsのマイクロソフトが提供する検索システムです。

ヤフーの検索もグーグルシステムを使用してますので、ヤフーとグーグルの検索結果は同じものですが、このbingは全く別のシステムで検索しますので、闘病ブログも結果に表示されますよ。

私のこの緑内障ブログを検索するときの検索キーワードは
「犬 緑内障 闘病」
などでしょうか。

グーグルとは違って他にもたくさん検索されますね。
ただし、表示されるサイトの内容の真偽については鵜呑みにせず自己判断して下さいね。

検索エンジンまとめ

いかがでしたか?
検索結果が信ぴょう性のあるものというのはとても大事なのですが、探したいものが探せない、それもかなり不便ですよね。
情報統制されている恐怖も感じます。

情報を得るにはこんな方法もありますので、知らなかったかたのお役にたてれば幸いです。

 

緑内障についての参考文献・引用記事

緑内障とは?

緑内障とは、眼圧(眼内液の圧力)上昇とそれによる視神経障害を特徴とする病気です。
※眼内液とは房水とも言われ、房水の役割は角膜・水晶体に栄養供給することと、眼内の圧力を維持することです。眼の正常な形を維持するために必要不可欠です。
※犬の正常眼圧は大体15~20mmHgの範囲内です。

一度緑内障によって視神経が障害されて失明に至った眼では、視覚を回復することはできないため、緑内障の診察では早期発見・早期治療が必要不可欠です。

出典:りほの動物病院「病気・症例報告:緑内障」

緑内障にかかりやすい柴犬

緑内障は眼球内の圧力(眼圧)が上昇して視覚障害をもたらす疾患で、犬種依存性の高い眼科疾患のひとつです。
罹患率の高い犬種として、シバイヌ、シーズー、アメリカンコッカースパニエル、ミニチュアダックス、ビーグルなどが知られていますが、中でもシバイヌが症例数第1位、シーズーが第2位で、合わせて全犬種の約半数に相当します。
また、眼科疾患で来院するシバイヌの43%は緑内障に罹患しているとの報告もあります。※1

出典:日本獣医師会雑誌 2015 68(1) P55-58:印牧信行、麻布大学眼科に来院した緑内障症例の随伴症の分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です