新着エントリー

【猫の膀胱炎】先週のその後:診察2回目

Pocket

先週の月曜日、うちの猫もとうとう膀胱炎になっちゃいました

↓そのときの記事はこちら↓

【猫の膀胱炎】うちの猫もなっちゃいました…:診察1回目

1週間分の薬をもらい、飲ませていたら2、3日後には血尿は治まったのですが
頻尿がなかなか治りません。
それでも薬がなくなる1週間後には治ったように見えました。

と思ったのはつかの間、、、。

またまた粗相

病院にはもう行かなくても大丈夫かと思い、しばらく様子を見ながら3日くらいたつとまたトイレじゃない場所でオシッコをしてるようです。
次の日にはその回数も少し増えてるように見えました。

これはまだ治ってないんだと思い、もう一度病院に連れて行くことにしました。

前回の病院ではエコー検査だけだったのですが、今回は尿検査もしていただくとのことです。

猫の採尿って?

どうするのかと思ったら、なんと尿道にカテーテルを入れてシリンジ(注射器)で吸い取るという方法でした。
もちろん麻酔はなしです。
うちの子はおとなしくしてるのでしょうか。

いやいやどうして、先生の手際の良さのおかげでスムーズにカテーテルが入れられ、シリンジにはみるみる尿が吸い取られていきます。

うちの子がおとなしくしているのにもなかなか驚きました。
どの猫も病院ではこんなに固まってしまうもんなんでしょうかね。

ともあれ、これで尿検査をしていただけるということで、少し待ちます。

尿検査の結果

少しの待ち時間の後、結果をお聞きすると
結晶はなかったものの、細菌の反応があるとの事で、抗生剤の投薬もすることになりました。

薬の種類

そんなわけで、今回は

ウロアクト → サプリ
トランサミン → 血尿の止血剤

これに加えて

アモキクリア錠100→抗生物質

これが追加になりました。

今回も錠剤は1週間分です。

オシッコをトイレじゃないところでたくさんしてしまうので、今は隣の部屋に隔離しています。
でも出してほしくてニャーニャー。
私も出してあげたいけど、オシッコはやっぱり困ります。

これで今回こそ完全に治ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です