新着エントリー

【犬の緑内障】眼圧が正常なときの目薬の回数

Pocket

久しぶりの更新です。

一五は眼圧が爆発することなく、なんとか視力を保っています。

緑内障は発症してしまうと完治することはなく、いつか必ず来る失明の日までをどれだけ長く保てるかというのが課題になります。

左目に緑内障を発症してからもう間もなく1年。
その時の様子↓

【犬の緑内障】!緊急投稿!左目の緑内障も発症

その前に発症した右目はすぐに失明→義眼だったので、左目はそれに比べるとかなり順調です。

正直ここまで長く持つとも思っていませんでした。

おかげさまで義眼手術の時に分割した手術費も払い終えましたし 笑。
こうなったらもっと長く2年、3年と持ってほしいものです。

最近の点眼の回数

さて今日は目薬の回数の話です。

このブログは2019年3月のグーグルのアップデート以来、検索結果で探しづらい状態が続いていますが、それでも犬の緑内障の情報をお探しの方にどうにかたどり着いて頂けるようで、そんな中にこんなキーワードがありました。

「眼圧が正常になったら 目薬の回数」

そうですね。

点眼の回数、気になりますよね。

発症直後は1日3回、各2種類づつ。
加えて炎症の目薬を1日おきに1回との指示でした。

眼圧が安定して正常値を保ってる今は、それより減らしました。
【1日に3~4回、2種類の目薬を交互に】さしています。

例えば、朝起きてその日の1回目は「キサラタン」、お昼頃に「ドルゾックス」、次は夕方に「キサラタン」寝る前に「ドルゾックス」、、という具合です。

ちなみに目薬は自分で通販で買う方が安いのでそうしています。
もちろん獣医さんにも相談済みですよ。↓

>>ファイザー製キサラタン
自分で買えば1/4の値段。これなら続けられる!

↑ キサラタンは販売終了してしまい、↓ ドルゾックスに変更しました
そのことを獣医さんに相談した時の記事はこちら

>>ドルゾックスT点眼液(ドルゾラミド・チモロール)
眼圧を下げるのに効果的な目薬

でもこの回数は、実は自己判断です。
一五の様子を見てこの回数にしました。

安易に真似せず、かかりつけの獣医さんにご相談の上指示に従ってくださいね。

以前、右目が失明して義眼になり、左目も発症する可能性が高いという事で予防のために点眼していた時は1日2回との指示でした。
今この回数にしているのは、その予防時よりも多い回数、かつ、発症直後の点眼回数よりも少なく、というのが判断基準です。

眼圧が爆発することなく1年保てるのでもうしばらくはこれで様子を見ようと思ってます。

一五は今、もちろん元気ですが、眼球をよく見ると白目が赤黒く濁っている部分があり、炎症を起こしているのが分かります。
正面しか見えてないようで視野も狭くなっています。

だけど、1年持ちました。

もうこれからは長持ちすればラッキーの気持ちで覚悟を決めて過ごしていこうと思います。

何か理由があって獣医さんに行かずに自宅でケアを続けているワンコやにゃんこの参考になれば幸いです。

目薬も自分で安く買えるので参考にしてみてくださいね。↓

>>ファイザー製キサラタン
自分で買えば1/4の値段。これなら続けられる!

↑ キサラタンは販売終了してしまい、↓ ドルゾックスに変更しました
そのことを獣医さんに相談した時の記事はこちら

>>ドルゾックスT点眼液(ドルゾラミド・チモロール)
眼圧を下げるのに効果的な目薬

緑内障についての参考文献・引用記事

緑内障とは?

緑内障とは、眼圧(眼内液の圧力)上昇とそれによる視神経障害を特徴とする病気です。
※眼内液とは房水とも言われ、房水の役割は角膜・水晶体に栄養供給することと、眼内の圧力を維持することです。眼の正常な形を維持するために必要不可欠です。
※犬の正常眼圧は大体15~20mmHgの範囲内です。

一度緑内障によって視神経が障害されて失明に至った眼では、視覚を回復することはできないため、緑内障の診察では早期発見・早期治療が必要不可欠です。

出典:りほの動物病院「病気・症例報告:緑内障」

緑内障にかかりやすい柴犬

緑内障は眼球内の圧力(眼圧)が上昇して視覚障害をもたらす疾患で、犬種依存性の高い眼科疾患のひとつです。
罹患率の高い犬種として、シバイヌ、シーズー、アメリカンコッカースパニエル、ミニチュアダックス、ビーグルなどが知られていますが、中でもシバイヌが症例数第1位、シーズーが第2位で、合わせて全犬種の約半数に相当します。
また、眼科疾患で来院するシバイヌの43%は緑内障に罹患しているとの報告もあります。※1

出典:日本獣医師会雑誌 2015 68(1) P55-58:印牧信行、麻布大学眼科に来院した緑内障症例の随伴症の分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です